それは一羽のモズから始まった

アラフォーおやじの鳥とトンボのブログ。メインフィールドは淀川河川敷

ちびっ子まとめ その2

今日はなぜか生駒山で朝の4時(;^ω^)からランニング。
生駒山へ向かう道中、真っ暗な山道を車で走るのはめちゃくちゃ怖かった。

到着して走り始めてからも、さすがにまだ暗いせいで鳥の鳴き声は聞こえてこず。聞こえてくるのはヒグラシの鳴き声ばかり。ゲームのひぐらしのなく頃にを思い出し、少しブルッたり…。(;^ω^)

ひぐらしのなく頃に絆 第一巻・祟(通常版)

ひぐらしのなく頃に絆 第一巻・祟(通常版)

5時前頃から空がうっすら明るくなり始め、と同時にようやく鳥の鳴き声が聞こえてきたんですが、外来種のソウシチョウの鳴き声が非常に目立ってました。あれだけ聞こえてくるって事は、かなり個体数を増やしてるんじゃないでしょうか。生駒山の生態系、大丈夫なんでしょうか…。

走り始める前は、もしかしてアカショウビンの鳴き声でも聞けないかな!?なんて淡い期待を抱いてましたが、残念ながらアカショウビンの鳴き声は聞こえませんでした。
それでも、キビタキ、ヤマドリのメスかキジのメス、ホオジロ、ウグイス、ミソサザイ*1、あとはソウシチョウもを見る事が出来、声だけだったけど、ホトトギスの声も聞けてと、めちゃくちゃきつかった*2けど、なかなか楽しめました。


という訳で本題のちびっ子まとめその2。ちびっ子まとめ、今回がラストです。

ハクセキレイ

その2の最初はハクセキレイから。
f:id:soremoz:20120613220710j:plain
河川敷ではよく見かけたハクセキレイのちびっ子。もこもこしてて可愛いです( ^ω^)

コアジサシ

続いてコアジサシ
f:id:soremoz:20120710232513j:plain
見に行く度に少しづつ大きくなってたこの子。きっと今頃は元気に空を飛んで、魚も自分で捕まられる様になってる事でしょう( ^ω^)

チョウゲンボウ

続いてチョウゲンボウ
チョウゲンボウ幼鳥
猛禽の割に、くりくりした目がかわいいお気に入りの鳥さん。営巣場所の鉄橋、頻繁に電車が通るんですが、すごく音がうるさいんですよね。よく気にならないもんです(;^ω^)

セッカ

続いてはセッカ。
セッカ幼鳥
この日は珍しく地面に降りてるところを撮れました。腰をくねっとさせた様なポーズか可愛いです( ^ω^)

ツバメ

続いてツバメ。
ツバメの給餌
口を大きく開けて、ご飯をおねだり。今度はもっとぶれてない写真を撮りたい…(;^ω^)

ヒヨドリ

続いてヒヨドリ
新発売ヒヨドリベル
自分の自転車にとまる鳥を撮るのはこれが最初で最後になる事でしょう(;^ω^)
ちなみに、カワセミをカメラと一緒に撮影される方がおられる様ですので、自分も自転車と鳥をテーマに撮ってみようかな!?なんて(;^ω^)
執念のカワセミ写真、佐藤信男さん - 写真にこだわる

モズ

最後はモズ。
モズ幼鳥
モズっ子
ブログのタイトルにもある様に、鳥見を始めるきっかけとなったモズ。お気に入りなので2枚貼ります(;^ω^)

という訳で、2回に渡ってお届けしたちびっ子まとめエントリーをお届けしました。
鳥のちびっ子たちも他の生き物同様、見た目にも幼さ、あどけなさが伝わってきて、ほっこり、あたたかい気持ちにさせてくれます(*´ω`*)
そんなちびっ子たちと会える繁殖シーズンもそろそろ終わり間近、次にちびっ子に会えるのは来春になるんでしょうか。また色んな鳥のちびっ子に会えたらいいなと思います。

*1:個人的に一番嬉しかったのがミソサザイとの出会い。

*2:足の怪我もあったりして、しばらく走ってなかったので走力が激落ち、後半は脱水症状でフラフラと、ランニング自体はダメダメでした…。