それは一羽のモズから始まった

アラフォーおやじの鳥とトンボのブログ。メインフィールドは淀川河川敷

とらトラ虎

このところ週末は地元以外で鳥見する事が増えてきたんですが、今日はお山のそばの公園へ行ってみました。

公園につくと、すぐにカメラマン数人の姿が目に入り、この辺りで何か出るのかな?と思いましたが、とりあえず少し歩いてみる事に。目印らしき橋が見えてきたので、こっちでいいのかな?と更に歩いてくと、何やら鳥さんが。
意外にあっさりお目当ての子の一つに会えました。
ルリビタキ♂の成鳥です。
f:id:soremoz2nd:20121224093301j:plain
f:id:soremoz2nd:20121224093439j:plain
1枚目と2枚目の子は別の子で、追っかけあいっこしてました。
1枚目の子が近くに来てくれました( ^ω^)
ルリビタキ
ルリビタキ
せっかく近くに来てくれたのに、暗くてとまらない…やっぱり一脚くらいは買った方がいいかなぁ…(;ーωー)
メスタイプにも会えました。
f:id:soremoz3rd:20121224141017j:plain
ここは若い個体も含めて、青い子が多くてびっくり。このお山だけ特別オスばかりいる可能性もなくはないんでしょうが、むしろ、よそのメスタイプの子たちはまだ色の出てないオスって考えた方が自然な気がします。

ルリビタキを堪能したのでクロジを見に行く事に。
オス。
f:id:soremoz:20121224205903j:plain
f:id:soremoz:20121224210507j:plain
メス。
f:id:soremoz:20121224205315j:plain
写真撮ってる時は気付いてなかったんですけど、常に上を気にしてる様な?もともとこんな感じなのかな?
名前通りシックな黒のオスに対して、メスはパッと見、アオジとスズメを混ぜた(;^ω^)様な感じですね。もっとアオジっぽい個体もいるだろうし、これまでアオジだと思って撮ってた*1のがクロジのメスだった、なんて事もありそうです。
ともあれ、クロジ、ライファーゲットなりました( ^ω^)

青いルリビタキライファーのクロジ、充分な鳥果となった今日の鳥見でしたが、そんな子たちを押しやって、今日の主役となったのはこの子でした。
トラツグミ
f:id:soremoz:20121224212943j:plain
f:id:soremoz:20121224213235j:plain
トラツグミ
柿の実も食べてくれました。
トラツグミ
f:id:soremoz3rd:20121224131730j:plain
散策中に会った子。上の子と比べて嘴が少し短いのでこの子はおそらく別個体。
トラツグミ
せっかくなのでお山の上の方にも…と登ってた時に出てきてくれた子。この子は最初の子かも!?
f:id:soremoz3rd:20121224145548j:plain


それにしてもこのお山、青いルリビタキはいっぱいいるし、トラツグミもそこそこいそうだし、クロジに運が良ければアカゲラアオゲラまで見る事も出来そうで、通っちゃおうかなって思ったくらいでした(;^ω^)
初めての場所にもかかわらず、ポイントを丁寧に教えて頂いたり、寒がってる自分を気にかけてコーヒー入れて頂いたりと、ホント色んな方によくしてもらいました。雪もちらつく寒い一日でしたが、楽しい鳥見が出来てホクホクで帰る事が出来ました( ^ω^)

*1:撮らなかったなんてケースもあるかも…(;^ω^)