それは一羽のモズから始まった

アラフォーおやじの鳥とトンボのブログ。メインフィールドは淀川河川敷

夏の楽しみ方見つけた

今日も鳥見と虫見(;^ω^)で河川敷へ。

まずは鳥さんから。
セッカ。
f:id:soremoz2nd:20130614063807j:plain
マクロレンズを着けてたんですが、急いで70-300に付け替えてパチリ。
1枚撮っただけで飛んでっちゃいました…(;´∀`)

コサギ
f:id:soremoz2nd:20130614064229j:plain
淀川大堰脇の水路で魚を探してました。

今日は頑張って少し下流まで行ったところハッカチョウが。
リーゼントの様な冠羽が特徴。相変わらず面白い顔です(;^ω^)
ハッカチョウ
胸を張って歩いてます。
f:id:soremoz:20130614222311j:plain
暑いんでしょうか、口を開けながら歩いてました。
f:id:soremoz2nd:20130614065752j:plain
f:id:soremoz2nd:20130614065921j:plain

干潟もチェックしましたが、時間的に潮位が高く、シギチは何もいませんでした。

続いて虫をば。
アオモンイトトンボ
アオモンイトトンボ
かなりレンズを近づけても逃げなかったので、今日もドアップで撮ってみました。
アオモンイトトンボドアップ
アンダーに現像し過ぎた気がしなくもないけど、これはこれでまぁいいかな(;^ω^)

セスジイトトンボ
セスジイトトンボ


大きく撮ればいいもんじゃないのはわかってますが、大きく撮る事によってわかる事もありますよね。特に虫なんて、鳥に比べれば大きさ的にかなり小さいし、普通に見てる撮ってるだけじゃ見えないものも、大きく撮る事によって見えてくるでしょうし。

鳥のいなくなる夏をどう楽しめば…って思ってましたが、マクロレンズでの虫撮りっていう新たな遊び、楽しみを見つけちゃいました。鳥撮りが疎かになりそうでやばいです。マクロレンズ超楽しいです(;^ω^)