それは一羽のモズから始まった

アラフォーおやじの鳥とトンボのブログ。メインフィールドは淀川河川敷

極暑

今日からお盆休み。
どこに行こうかと思案しましたが、色々あって午前中がつぶれたので、午後から河川敷へ。
いつもの面々しかいませんでしたが、一応貼ります(;^ω^)

まずはアオモンイトトンボ♂。
アオモンイトトンボ♂
今日見かけたイトトンボはほとんどがアオモンイトトンボでした。他の種に比べて暑さに強いのでしょうか!?

この子はウスバキトンボの♀かな。
ウスバキトンボ♀
腹の裏が白っぽいのはまだ未成熟だから!?
河川敷にはいっぱい飛んでます。

この前のガがいました。
f:id:soremoz:20130810230853j:plain
交尾。
f:id:soremoz:20130810230901j:plain
2枚ともさっぱりピンがきてませんが、やはり、アシナガモモブトスカシバの様です。

カルガモ親子もいました。
f:id:soremoz:20130810225954j:plain
親カルガモと見分けがつかなくなってきてますね。どの子が親カルガモかわかりますか?
f:id:soremoz:20130810230322j:plain
こっちの写真は一番左が親カルガモです。


地獄の様な暑さだな…と、「ごくしょ」で変換したら出てきたのがタイトル。
聞いた事ない言葉なので、ホントにあるのか?ですが、wikipediaには載ってるので、一応はあるって事でいいのかな!?
自分的には「獄暑」の方がより暑い感じが出てていい様な気がしますが(;^ω^)
ちなみに、順番つけるなら
猛暑 < 酷暑 < 極暑 < 獄暑
って感じになるでしょうか(;^ω^)
まー、とりあえず今日の河川敷が今夏で一番暑かったのは間違いなかったです。なもんで、先週土曜日以来のフィールドでしたが、2時間ともたずに早々の撤収。
天気予報では40℃くらいまで上がるかも!?なんて言ってましたが、大げさでもなく、ホントにそれくらいありそうな暑さでした。