それは一羽のモズから始まった

アラフォーおやじの鳥とトンボのブログ。メインフィールドは淀川河川敷

天気同様

昨日の雨で足下が悪いのはわかってましたが、今朝も河川敷へ行ってきました。

曇ってはいたものの風はなかったので、これならホオアカも出てきてくれるかな!?と思ってると、既に声が。声の方へ向かうと、草の中からひょこんと出てきてくれました。
警戒心が強いので、まずは少し距離を置いてパチリ。
f:id:soremoz4th:20150116073137j:plain

距離をつめようとすると、すぐそばの草むらからホオアカの声が。と同時に4羽が立て続けに飛び出しました。自分が近付いてきたので、飛んだんでしょう、当然、写真の子も一緒に土手の方に飛んでっちゃいました。

土手の斜面から声がするので、探すと地べたで採餌してるのが目に入りました。警戒心が強くてなかなか近付かせてくれませんが、1羽が少し近くにおりてくれました。
f:id:soremoz4th:20150116073711j:plain
なのにピンボケ…。地面の色とよく似てるので、ピントが合わせづらいんですよね…(;^ω^)

こちらは別の個体。
f:id:soremoz4th:20150116074843j:plain
f:id:soremoz4th:20150116074757j:plain
もう少し近くで撮りたいんですが、多分、これくらいが限界。
図鑑の第1回冬羽の子と似た色合いしてるので、この子も第1回冬羽なのかな!?

という訳で、今日は土手でホオアカの撮影、観察のみでタイムアップとなりました。
まぁ、高校裏の葦原付近は、足下が悪かったろうから、ちょうど良かったのかもしれませんが、写真の方もお天気同様にモヤモヤした写真しか撮れませんでした(;^ω^)


このところ、平日朝の鳥見が芳しくない感じ。もちろん、1時間やそこらの鳥見で色々見られるとは思ってないんだけど、それでももう少し出会いがあってもいいと思ってるんですけどねぇ。
明日もあまり天気はよくないみたいだし、おとなしく地元でツリスガラでも探すかなぁ。
とりあえず、風だけは吹かないでほしいところです。