それは一羽のモズから始まった

アラフォーおやじの鳥とトンボのブログ。メインフィールドは淀川河川敷

河川敷の後は河川敷へ

晴れていたかと思えば、急速に鈍い色した雲が広がり始めて雪が降ってきて、でも雪もすぐに止んでまた晴れて。今日は猫の目の様にコロコロ変わるお天気でした。

そんなお天気でしたが、タイトルにある通り、二箇所の河川敷で遊んできました。

一箇所目は当然地元河川敷。ホオアカが撮りたくなったんですよね(;^ω^)
ポイントに向かってると、鉄橋ワンドからチーチーとツリスガラの声。先週はニアミスばかりだっただけに、さすがに無視する訳にいかず、まずはツリスガラから探す事に。声の聞こえるところで待ってると今日はあっさり出てきてくれました。
f:id:soremoz:20150131205943j:plain

撮ってる時は気付いてませんでしたが、クモを咥えてました。



ようやく地元で今季二度目のツリスガラを撮れました。昨秋の11月後半以来なので、2ヶ月振りです。やはり、地元の子は格別ですね。数が増えたのか、分散してたのが一緒になったのか、20羽くらいの群れになってました。

ツリスガラを撮ってると、上空にミサゴが。
f:id:soremoz:20150131213832j:plain

ベニマシコも。
♂はごちゃごちゃの中。
f:id:soremoz:20150131213904j:plain
♀は抜けたところで。
f:id:soremoz:20150131213921j:plain

キンクロハジロ♀が2羽で女子会(;^ω^)
f:id:soremoz:20150131214025j:plain

肝心のホオアカを撮ってないのに気付いて、慌てて探す事に(;^ω^)
いつもの草むらにいましたが、相変わらずの警戒心。不用意に近付くと飛ばれるので、離れたところからまずは1枚。
f:id:soremoz:20150131221203j:plain
土手で採餌してるところを何とかパチリ。
f:id:soremoz:20150131221210j:plain
愛想が悪いので、あまり時間のかけられない平日の撮影は厳しいんですよね。例年なら徐々に人馴れして近くで撮らせてくれる様になるのに、今シーズンはもうこんな感じのままなのかなぁ。春になれば状況は変わらないかなぁ。

水路にはカンムリカイツブリ
f:id:soremoz:20150131235432j:plain
よく見ると、この子、左肢がありません*1。写真でもなんとかわかると思います。警戒心が全然無いなぁ…なんて思ってましたが、実はそのせいで上手に潜れないのかもしれませんね…。
おそらく、肢に釣り糸が絡まって血が通わなくなって、壊死してとれちゃったんじゃないかと思います。ルアーをくっつけたカルガモも見た事があるし、カラスが釣り糸に絡まってぶら下がってるのも見た事があります。
釣りを禁止に出来るならそれで構わないけど、そこまでするのもどうかと思います。かといって、根掛かりしたラインを回収しろってのも酷だし。強度的な問題はあるかもしれませんが、一定期間経てば、分解されて水に溶ける様な材質にすればいいんじゃないの!?日本の技術力があれば充分出来るんじゃないの!?なんて思ったりしますが、どうなんでしょうね。こういうご時世なんだし、環境に優しい釣具を造ってくのもメーカーの責任だと思いますけどね。

水路でクイナが出てこないか待ってる時、ワンドの上を飛ぶセグロカモメが。と、急に直角に飛ぶ向きを変えました。まるでワンドにダイブするかの様に。セグロカモメもアジサシみたいにダイブするの!?と思ったら、その後を追いかける鳥が目に入りました。
チョウゲンボウ!?でも、チョウゲンボウセグロカモメを襲ったりするか!?そんな事を考えながらとりあえずシャッターを切ると…
f:id:soremoz:20150131223040j:plain
なんと、セグロカモメを追いかけてたのはハヤブサでした!
もう1枚。
f:id:soremoz:20150131223502j:plain
先週のオオタカに続き久しぶりの出会い。地元で見るのは1年半振りでした。

たまたま立ち寄ったのか、これから見られる様になるのか。後者だと嬉しいんだけどなぁ。ハヤブサの狩りは失敗に終わって、セグロカモメは無事難を逃れる事が出来ましたが、ハヤブサ君(さん?)も自分よりも大きな体の鳥を捕食しようなんて、ちょっと無茶じゃないかい!?(;^ω^)
慌てて撮った割には、識別出来るくらいには撮れてたので良かったです(笑)

ハヤブサを見た後はアカハラをチェックしますが、残念ながら姿は無し。よく見られた場所に生えてるナンキンハゼの実が無くなってたので、移動しちゃったのかも!?

地元の河川敷を堪能した後は、もう一つの河川敷へ。
お目当てはこの子、チフチャフでした。
f:id:soremoz:20150201003436j:plain

f:id:soremoz:20150201005816j:plain
f:id:soremoz:20150201005817j:plain

f:id:soremoz:20150201005819j:plain
f:id:soremoz:20150201005818j:plain
最初は見つからなくて、もしかして抜けた!?なんて思ってたら、自転車の女性があっちにいますよと。前回の場所からかなり下流、橋をくぐった先でした。教えてもらわなかったら、見つけられなかったかも。助かりました。
だからでしょうか、カメラマンもほとんど居なくて、こりゃいいやとご機嫌で撮影してたのに、一人のカメラマンが被るからと草を折り始めるもんだから一気に興醒め。どうせごちゃごちゃの中ばかりなんだし、そんな事したところでほとんど変わんないのに。被らないところに出てきてくれた時もあったのに。
まだあまりいいのが撮れてなかったのでもっと粘りたかったんだけど、こんな事されるとシャッター切る気がなくなるんですよね。仕方ないので撤収しました。ホント、こういうの勘弁してほしい。


終わり良ければすべて良し、ってな諺がありますが、今日は逆に終わり悪ければ…な残念な展開になっちゃいました。
明日は…ってもう今日だけど(;^ω^)、終わり良ければ…な鳥見になるといいなぁ。一番は終わりだけじゃなく、ずっと良ければ…なんですけどね(;^ω^)

*1:気付いたのは自分じゃないんですけどね…(;^ω^)