それは一羽のモズから始まった

アラフォーおやじの鳥とトンボのブログ。メインフィールドは淀川河川敷

在庫から…

今日は寝坊して鳥見はお休みしました…。
最近、ホント、ダメダメです><

という訳で、今日は数少ない在庫から適当にチョイスしてお届け。

まずはついで鳥見の日のコゲラ♂。
f:id:soremoz2nd:20150124155701j:plain
f:id:soremoz2nd:20150124155703j:plain
コゲラの雌雄の識別は後頭の赤い班の有無。これが見られれば♂確定。無ければ♀となる訳ですが、♂だからといってこの赤い班が必ずしも見える訳ではなく、むしろ見える事の方が珍しいのが悩ましいところ。逆に言えば、♀かどうかを完全に見分けるには捕まえて、赤い班が無いのを確認するしか方法が無いとも言えますね。

続いて昨日の鳥見から。
水路のカンムリカイツブリ

f:id:soremoz2nd:20150201132233j:plain
f:id:soremoz2nd:20150201132308j:plain
この時は盛んに羽繕い、そして何度も目の前でバチャバチャしてくれました。羽繕いの際に抜けた羽毛が2枚目に写ってます。最後の写真、敢えて貼りましたが、左肢が無いのがはっきりわかると思います。
「この時は」と書きましたが、この子が羽繕いしてるシーンによく出くわす気がします。左肢が無いため羽繕いが上手に出来ず、時間もかかって、結果的にそういうシーンをよく見掛けるのかもしれませんね。大きさも少し小さい気がしています。餌を上手に採れないせいかもしれませんが、今のところは特に弱ってる様でもなく、元気そうに見えます。これからも様子を見ていこうと思います。

土曜日のチフチャフを見に行った日のエナガ
f:id:soremoz2nd:20150131151225j:plain
f:id:soremoz2nd:20150131151246j:plain
f:id:soremoz2nd:20150131151021j:plain

チフチャフに負けず劣らず忙しなく動くエナガさんも、この日はあまり動きまわらなかったので撮りやすかったです。

最後は同じくチフチャフの日のカワセミ
f:id:soremoz2nd:20150131132653j:plain
f:id:soremoz2nd:20150131134618j:plain
f:id:soremoz2nd:20150131134713j:plain
嘴の下が赤くないので♂ですね。ホバリングしてるのに気付くのが遅くて撮れなかったのが残念でした…。カワセミのダイブ写真にチャレンジしたりもしてるんですが、自分の腕じゃとても撮れそうにありません。よくあんなの撮れますね(;^ω^)


明日は朝の鳥見に行かなきゃね…(;^ω^)