読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

それは一羽のモズから始まった

アラフォーおやじの鳥とトンボのブログ。メインフィールドは淀川河川敷

Yanma Fever

今日は青い赤とんぼことナニワトンボ狙いだったんですが、タイトルにもある様に、ヤンマフィーバーな一日でした。

という訳で、まずはお目当てだったナニワトンボから。


煤けた感じの青がすごく綺麗ですよね。自分もすごく好きなトンボで、lineのアイコン画像にも採用してるくらい(;^ω^)
もう1枚。♀かと思ってましたが、拡大すると副性器らしきのが写ってたので、未熟な♂の様です。
f:id:soremoz5th:20150721002742j:plain
ポイントはナニワトンボの環境ではない*1ので、ほんまにおるん!?と疑心暗鬼な感も否めなかったんですが(;^ω^)、やっぱり居てました。ただ、発生は別の場所でしてるんじゃないの!?と思ってますが、どうなんでしょうかね。

さてここからヤンマです。
まずはマルタンヤンマ♀。



京阪の北浜~淀屋橋の地下通路壁面にトンボ写真家の尾園暁さんが撮られた「京阪沿線トンボ図鑑」が展示されてるんですが、その中のマルタンヤンマを見る度に、綺麗だなぁ、見てみたいなぁと思ってた憧れのヤンマ。出来れば青い複眼の♂が良かったですが、♂は次の宿題という事にしましょう。かなり暗い場所だったので、isoも1000まで上げて更にフラッシュ焚いて撮りました。もっと破綻してるかと思ってましたが、そこそこ見られる程度には写ってたので良かったです。しかし、ヤンマのぶら下がりを本気撮りするなら、ストロボや三脚は必須ですねぇ…。むぅ…。

次の出会いはカトリヤンマ。


それぞれ別個体、2頭とも♂で2枚目は未熟な個体かな!?4~5頭は居た様に思います。低いところにとまってるので、飛ばれて気付く事が多かったです。

マルタン、カトリだけでも充分なのに、更にもう1種居ました。
ネアカヨシヤンマ♂。

以前にも書きました*2が、マルタンヤンマ、ヤブヤンマ、ネアカヨシヤンマの3種をトンボ好きは黄昏御三家と呼びます。黄昏時刻に飛翔する事からこう呼ばれるんですが、三種とも♂の青い複眼がすごく綺麗なトンボです。

ヤンマフィーバーのラストを飾るのはアオヤンマ♂。

アオヤンマのみ別場所*3です。飛ぶスピードはそんなに速くないものの、葦の間をフワフワ飛ぶのでフォーカスが葦に引っ張られて飛翔写真は諦めてたんですが、近くにきた時にとまれ~!と念を送ったところ、ホントにとまってくれました(笑)
複眼の複雑な色合いがなんとも言えず綺麗です。

ヤンマ以外のトンボも。
オニヤンマ♀。
f:id:soremoz4th:20150720140817j:plain
30mくらいの高いところを飛んでました。そんな高いところを飛んでても、長い産卵管は目立ちますね。ヤンマ科に属するトンボをヤンマと呼ぶとするなら、ヤンマの名前が付いてるとはいえ、オニヤンマ科のオニヤンマはヤンマと呼べないのかな。

タイワンウチワヤンマ♂。

陽射しが強くてテッカテカですね…。こちらもヤンマの名が付けられてますが、サナエトンボ科のトンボなのでヤンマではなかったりします。いんですよね。

ウチワヤンマ♀。
f:id:soremoz4th:20150720084741j:plain
タイワンウチワヤンマと同じく、ヤンマの名が付けられてるけど、ヤンマではなくサナエトンボ科に属するトンボです。青いのに赤とんぼだったり、ヤンマなのにヤンマでなかったり、トンボも色々ややこしいですね(;^ω^)

オオヤマトンボ♀。

最初は草の中にいたんですが、自分たちに驚いて飛び出してとまったのが15mくらいの高いところ。今日はよくぶら下がりを撮れた日でした。この写真のみトリミングしてます。

クロイトトンボの潜水産卵。

クロイトトンボ属のイトトンボは潜水しながら産卵する事があるんですが、実際に見たのはこれが初めてでした。水草が繁茂してるからかあまり潜ってませんが、♂まで完全に水に浸かるくらい潜って産卵する事もある様です。いつか水中で撮影してみたいですね。

ネキトンボ♀。

昨日一昨日と探してたネキトンボをお山で見る事が出来ました。この写真撮ってる時、ネキトンボってこういう木の天辺とかによくとまってるよなぁ…ってのを思い出したんで、今度藤田邸で探す時は、そういうところを重点的に探す事にしよう(;^ω^)

他にも撮ったけど、現像するのが面倒くさくなってきたので、また別の機会にでも。


前述の京阪沿線トンボ図鑑ですが、尾園さんご自身のブログでも紹介されてます。
湘南むし日記:京阪沿線トンボ図鑑 - livedoor Blog(ブログ)
プロだけあってさすがの写真ばかりです。ビロエゾの飛翔写真とかすげー!って感じだもん。トンボ好きなら是非一度は見て欲しいですね。

トンボを撮り始めて苦節三年(;^ω^)、憧れだったマルタンヤンマを見られて、今日はホントに充実、成果たっぷりの一日でした。
今度は♂を撮りたいので、今夏は通い詰めちゃおうかな(;^ω^)

*1:秋口に水位が低下して、周辺に樹林がせり出している様な池など。

*2:http://soremoz.hatenablog.jp/entry/2014/07/13/000824

*3:上の3種がいたところにも居るらしいんですが、見つけられませんでした。