それは一羽のモズから始まった

アラフォーおやじの鳥とトンボのブログ。メインフィールドは淀川河川敷

杜鵑の声

今朝の河川敷。

公園に入って河川敷への土手へ続く坂を上ってると、「トッキョキョカキョク」の声。
菖蒲園の方から聞こえてきます。急いで菖蒲園を見下ろせる土手から探しますが、途端に鳴かなくなって、声の出所が掴めません。しばらくして辛うじて一鳴きしてくれたものの、以降は鳴く事もなく、ただでさえ見つけるのが難しいトケンなだけに、これでは見つけられる訳もなく give up。

それでも河川敷でホトトギスの声を聞いたのはおそらく初めて。
声だけとはいえ初観察のホトトギスに気を良くしてベニイトトンボのワンドへ。

コフキトンボ。
f:id:soremoz:20160525025553j:plain

モノサシトンボ♂。
f:id:soremoz:20160525025554j:plain

羽化殻。
f:id:soremoz:20160525025555j:plain
ウスバキトンボだと思うけど、間違ってるかも(;^ω^)

ムスジイトトンボ♂。
f:id:soremoz:20160525025556j:plain

シオカラトンボ♀。
f:id:soremoz:20160525025557j:plain
テネラル。風に吹かれて葦の中に。

モズ。
f:id:soremoz:20160525030128j:plain
f:id:soremoz:20160525030129j:plain
上はお父さんモズ!?で、下はモズっ子。お父さんモズがくわえてるのはオケラ。てっきり給餌するもんだと思ってたら見てる間は餌やりする事はありませんでした。独り立ちを促してるのでしょうか!?


これまでトケンの類を秋には見た事がありましたが、春のトケンは初めてかも!?
明日はもう居ないだろうけど、もしまだ声が聞こえてこようもんなら、今度は姿も見てみたいところ。