それは一羽のモズから始まった

アラフォーおやじの鳥とトンボのブログ。メインフィールドは淀川河川敷

僥倖

僥倖。
藤井蒼汰棋士が20連勝時のインタビューで使った言葉。聞きなれない言葉だからか、TVとかでもとりあげられたりしたけど、自分的にはカイジのイメージ。ってか、藤井蒼汰棋士カイジを読んで知ったんじゃないの!?(;^ω^)
そんな事はどうでもいいんだけど、意味としては「思いもよらない幸せ」とか「偶然得られる幸運」とか、そんな感じらしい。そんな僥倖が7/8の土曜日に自分におとずれた。
僥倖っ・・・!!それも圧倒的僥倖が・・・!!!(笑)

マルタンヤンマ♂。



書きたい事がいっぱいある。いっぱい、めちゃくちゃいっぱい。だって、ずっとこいつを探してたんだもん。upが遅れたのは書いては消してを繰り返してたから。けど、結局まとまらない、まとめられない。なもんでもうupしちゃう(笑)
成熟したての個体だからか結構敏感*1ですぐに飛ばれて、なんとか再発見したのにまた飛ばれて…そんな事を繰り返したので、写真もあまり撮れなかった。まだまだ見足りないし、もっともっと撮りたいので、今シーズン中に絶対もう一度会ってやる。

♀は2+確認。


探し始めて今年で5年目。この池でヤンマのぶら下がりを狙う様になってからでも3年目。
いくら探しても見つけられなかった青い眼の♂を、まさか今年初のぶら下がりヤンマ探しで見つける事になるとは思いもよらなかった。思いもよらなかったっだって!?じゃあ何のために行ったのよ!?マルタンヤンマの♂を探しに行ったんでしょ!?そう言われれば確かにそうなんだけど、ホントに見られるとは思ってもなかったんだもん(;^ω^)
めちゃくちゃ綺麗でした。そんな陳腐な言葉でしか形容できない自分が情けないけど、トンボやってる人なら、一度は実際に見てほしいと思います。

*1:根拠はないけど、経験上、若い個体ほど敏感な気がする。成熟が進んだ個体ほど、結構近付かせてくれる気がする。

広告を非表示にする