それは一羽のモズから始まった

アラフォーおやじの鳥とトンボのブログ。メインフィールドは淀川河川敷

今週の河川敷

仕事やら飲み会で帰りが遅くなったりで一週間振りの更新。
という訳で、今週(5/14~20)の河川敷。一週間分とはいえ種数は少ないです(´・ω・`)

5/14(月)

ヒバリ。
f:id:soremoz:20180520222942j:plain
f:id:soremoz:20180520222943j:plain

モズっ子。
f:id:soremoz:20180520222944j:plain

仕事へ向かう途中、自転車で土手を走ってると、ハイタカの島からホトトギスの声。遅刻するので残念ながら諦めたけど、めっちゃ探しに行きたかった(笑)
他にはアオバト2羽を確認。

5/15(火)

コサメビタキ
f:id:soremoz:20180520222945j:plain
f:id:soremoz:20180520230526j:plain
f:id:soremoz:20180520230527j:plain
f:id:soremoz:20180520230528j:plain

5/16(水)

コチドリ
f:id:soremoz:20180520230529j:plain
f:id:soremoz:20180520230530j:plain
写真は同じ個体だけど、もう1羽居た。まぁ、間違いなく番だと思う。で、今日、この番と思しき2羽が営巣してそうな場所を見つけたので、たまに様子を見に行ってみようと思う。

5/17(木)

カンムリカイツブリ
f:id:soremoz:20180520230531j:plain
この個体はケガをしてるらしい。やっぱり越夏する様な個体は、訳ありなんですね。

5/18(金)

子スズメ。
f:id:soremoz:20180520230532j:plain

5/19(土)

昨日もやっぱり子スズメ。
f:id:soremoz:20180521001112j:plain
f:id:soremoz:20180521001113j:plain
f:id:soremoz:20180521001114j:plain
f:id:soremoz:20180521001115j:plain
f:id:soremoz:20180521001116j:plain
f:id:soremoz:20180521001117j:plain
最初の3枚は膨らんでるけど、朝のうちは肌寒かったからかな。空中で餌渡しする事があったんだけど、そんな時にカメラの準備が出来てなかったくて、準備して待ってるとやってくれないっていう。

帰り際に公園の池をのぞくと、マガモの雛が。
f:id:soremoz:20180521001910j:plain
f:id:soremoz:20180521001911j:plain
手前の2羽の頭の色が黒っぽいですよね。これ、いつぞやの頭の黒いマガモの子かもしれません。あ、マガモって書いたけど、実際は純粋なマガモではなく、何かしら混じってると思うので、タグは交雑にしときます。まぁ、可愛いのはかわんないけど。ちなみに、今日は見当たらなかった。

5/20(日)

サンコウチョウ♀。
f:id:soremoz:20180521003734j:plain
f:id:soremoz:20180521003735j:plain
藪の中を飛んでる鳥が見えて、なんか気になって入ってったらサンコウチョウだった。ようやくの初認。もっとマシな写真を撮りたかったんだけど、この藪、ダニが多くて、入る度にズボンにめちゃくちゃくっつくんで、あまり頑張れないんですよね…。とりあえずそれとわかるのは撮れたので、今回はこれでOKでしょう(;^ω^)

オオムシクイ。
f:id:soremoz:20180521005255j:plain
こちらも今季初認。元来、ムシクイはすばしっこいけど、今春のムシクイの中でもとりわけすばしっこかった個体。移動範囲も広くて、飛ぶと一気にビューッと飛んでって、見失う事もしばしば。しかも高いところをチョロチョロするしで、こんなのしか撮れなかった。でも、声を確認してるので、オオムシクイなのは間違いないです(;^ω^)

子スズメ。
f:id:soremoz:20180521005253j:plain
f:id:soremoz:20180521005254j:plain
土曜日と同じ場所なので、同じ個体も混じってると思う。今日も朝は少し寒かったし、地べたであったまってたのかな!?

ケリ。
f:id:soremoz:20180521010215j:plain
鳴きながら飛んできたので撮ってみたら…
f:id:soremoz:20180521013527j:plain
足に釣り糸らしきものが絡まってる…。自然にとれるといいんだけど…。

オオムシクイを探してる時、すぐ近くからコヨシキリの囀り。オオムシクイよりもコヨシキリを優先したけど、すぐに声も聞こえなくなって、写真は撮れなかった。5月いっぱいはチャンスもあるだろうし、明日以降に期待かな。


という訳で、一週間分をまとめてお届けしました(;^ω^)
いよいよ鳥も少なくなってきて、マクロレンズにチェンジしたいところだけど、今季まだ撮れてないコヨシキリに、もしかすると今年もマキノセンニュウがくるかもしれないので、もうしばらくは長いレンズで頑張らないとね。

今日の河川敷

今日(5/12)の河川敷。

コサメビタキ
f:id:soremoz:20180513030558j:plain
f:id:soremoz:20180513033100j:plain
ここからは別個体…のはず(汗)
f:id:soremoz:20180513030600j:plain
もふもふ。
f:id:soremoz:20180513030601j:plain
f:id:soremoz:20180513033059j:plain
f:id:soremoz:20180513030559j:plain
23枚目以降の個体、雨覆の羽縁が褐色味を帯びてるのは幼羽でいいのかしらん。となると1sか。センダイムシクイキビタキツグミ系(シロハラだと思う)の鳴き真似をしてたのが可愛かった。英名に flycatcher とつく鳥は結構いるけど、コサメが一番飛び回って虫を採ってる印象がある。

連日見られていたキビタキを今日は見なかった。ツリスガラも確認出来ず。

【2018.05.13追記】
id:KEN-Sさんからコメントがあったので、サメビタキ属の識別についてちょっと追記。
まずは2枚目の個体と同じ個体の別の写真から。
f:id:soremoz:20180513202759j:plain
サメビタキ属の識別で、お手軽なの胸から腹にかけての色や斑で、

  • 白くて縦斑が無ければコサメビタキ
  • 明瞭な縦斑があればエゾビタキ
  • (縦)斑が不明瞭だとサメビタキ

となる訳ですが、サメ or コサメ の識別の場合、自分はこの部分はほとんどあてにしてません。確かに今回の個体は不明瞭な縦斑が見られますし、ここだけ見ればサメビタキに見えなくもないですが、サメ or コサメで迷った時に一番間違い無いのは下尾筒を見る事で、ここに暗色の軸斑が見られればサメビタキとなります。この個体はというと、追記の写真右上に切り出している様に、下尾筒は真っ白で暗色の軸斑は見られません。
他にサメビタキの場合、嘴がかなり短く見えます。比較出来る写真を持ち合わせてないので、他の方のブログ記事を参考にさせてもらいます。
上記記事の2枚目がサメビタキです。いかにもサメ!って感じの顔付きで、今回の個体の6枚目の写真と比べるとかなり印象が異なります。
上記記事以外にも、サメビタキ属の識別ポイントついては南港野鳥園のページが詳しいです。自分なんかの適当なブログよりも、それらをご覧いただく方が間違いないでしょう。って、自分も野鳥園のページを見て識別点を憶えたんですけどね(;^ω^)
コサメビタキ・エゾビタキ・サメビタキの識別

とまぁ、素人なりに書いてみましたが、慣れればサメ or コサメについては、Jizzだけでも充分識別出来る様になると思います。
【追記ここまで】


例年であればとっくにトンボを始めてる時期なんだけど、今年は地元でホンサナエの羽化を探した程度で、始めてないも同然の状態。っていうのも、肋骨の件があるから。万が一水遊びで転んだりしたら、更にややこしい事になるかもしれないな…という事で、最低限の自制はしてます。まぁ、水に入らなきゃ大丈夫だとは思うんだけど。
ちなみにいつもお会いするご夫婦に、肋骨が骨折したりヒビいってる時の咳やくしゃみの痛みを和らげる huck を教わったので紹介。
やり方は簡単、咳やくしゃみが出そうになったら、痛い部分を抑えるだけ、圧迫するだけ。これで咳やくしゃみの際の痛みが少しマシになる。自前でコルセットしてる様な状態になるんでしょうね。もし、自分同様に苦しんでる方がいれば、是非お試しあれ(;^ω^)

今朝の河川敷

今朝(5/11)の河川敷。

ツリスガラ♀。
f:id:soremoz:20180512031252j:plain
f:id:soremoz:20180512031253j:plain
コヨシキリを探してるとチーの声。昨日も声は聞いてたけど姿を見られなかったので、今日は探してみたらあっさり見つかった。1羽だけでした。ヤナギの木にいる時は見つけにくいんだけど、この時は葉先に居てくれたので見つけやすかった。

キビタキ♂。
f:id:soremoz:20180512031254j:plain
f:id:soremoz:20180512031255j:plain
写真は別個体。ともに成鳥夏羽かな。ホント、キビタキを良く見掛ける。やっぱり今季は多いんじゃないかなぁ!?

他にはツグミ系の地鳴きを確認。ツグミのそれとは違ってたので、アカハラあたりかな。キビタキは写真の2羽以外にも居たと思う。コヨシキリはまだ確認出来ず。


アオジも見掛けなくなってきた中、GWが終わってもまだ居るツリスガラ。
今年の最後の冬鳥はツリスガラになりそう。

一昨日と今朝の河川敷

一昨日の朝(5/8)と今朝(5/10)の河川敷。
月曜日と水曜日は雨でお休み。

5/8(火)

オオヨシキリ
f:id:soremoz:20180511025305j:plain

エゾムシクイ
f:id:soremoz:20180511025306j:plain
暗い藪の上に被らずには撮れない状況でひどい写真だけど、声で確認してるので、エゾムシクイなのは間違いないです(;^ω^)

5/10(木)

キビタキ♂1s。
f:id:soremoz:20180511025307j:plain
f:id:soremoz:20180511025308j:plain
f:id:soremoz:20180511025309j:plain
f:id:soremoz:20180511025310j:plain
よく鳴いてた。5/6の1枚目の個体と同じかも。場所も同じところだったし。にしても、今季はキビタキとの出会いが多い。今年は多いのか!?それとも今までちゃんと探せてなかっただけ!?んー、後者の可能性が高そうですね…(;^ω^)

モズ。
f:id:soremoz:20180511025311j:plain
f:id:soremoz:20180511025312j:plain
1枚目は♂の成鳥夏羽。オサムシっぽいのを食べてたんだけど、固い殻に覆われてるので苦戦してた。2枚目はモズの巣立ち雛。1枚目の♂はこの子のお父さんだと思う。独り立ちさせるためか、餌はあげてなかった。

今朝は他にアカハラ、ツリスガラ(声のみ)、コムクドリ(声のみ)、エゾムシクイ(声のみ)等を確認。そろそろ鳥が少なくなってくる頃だけど、悪くない朝だっただけに、仕事に行きたくなかった(笑)


いつぞや自転車で転んだ時に痛めた脇腹が、なぜか昨日から更に痛くなってきた…。
肋骨にヒビが入ってると予想してるんだけど、ここにきて悪化したんだろうか。肋骨の骨折やヒビって、基本自然に治るのを待つしかないらしく、だったら病院に行っても意味無いかなと思って行ってないんだけど、さすがに行った方がいいかな…。くしゃみや咳をする度にもんどりうつほど痛いんだけど、生理現象だけにしない訳にもいかないし。
早く治ってほしい…。

今日の河川敷

今日(5/6)の河川敷。

キビタキ♂。
f:id:soremoz:20180506175134j:plain
f:id:soremoz:20180506175139j:plain
f:id:soremoz:20180506175138j:plain
1、2枚目は同じ個体で1s。土曜日と同じ個体と思われる。3枚目は別個体、この場所にはadと1sの2羽がいて、写真の個体は確かadだったはず!?せっかくエンジェルポーズしてくれたのに、こんな時に限って風が吹いて葦が被るんだもんなぁ…(´・ω・`)

コサメビタキ
f:id:soremoz:20180506175136j:plain
囀りなのかぐぜりなのかよくわからないけど、よく鳴いてた。センダイムシクイの鳴き真似もしてました。

エゾムシクイ。
f:id:soremoz:20180506175135j:plain
f:id:soremoz:20180506175137j:plain
1枚目、でっかく撮りすぎたけど、今まで撮ったエゾムシクイの写真の中では一番マシに撮れてるんじゃないかな。エゾムシクイに限らず、ムシクイはちょこまかして撮りにくいけど、今日の個体はまだマシな方だった。その割には写真はしれてるけど…。

ツリスガラは声を聞いたので、まだ居るはず。このまま居残るつもり!?(;^ω^)
ノゴマ♀、アオハダトンボ、ともに見当たらず。
そろそろメボソムシクイにも期待してるんだけど、メボソの方はまだ入ってきてないのか、声は聞こえてこない。コヨシキリもまだだったけど、来週中には出会いはありそう!?


結局、GW中はずっと河川敷で鳥見でした。例年ならトンボも始めてるんだけど、今年は鳥のみでした。でも、来週末あたりには始めようかな。
さて、明日から仕事。遊びすぎた分、雨なのは寝れるのでむしろ助かったり。

昨日と今日の河川敷

昨日(5/4)と今日(5/5)の河川敷。

5/4(金)

キビタキ♂。
f:id:soremoz:20180505224551j:plain
f:id:soremoz:20180505224552j:plain
1s。前日のフレンドリーな成鳥とはうってかわって、なかなか撮らせてもらえなかった。

強風の上に気温も低くて、そのせいか鳥も少なかったけど、ツリスガラはまだ居た。

5/5(土)

キビタキ♂。
f:id:soremoz:20180505224553j:plain
f:id:soremoz:20180505224554j:plain
f:id:soremoz:20180505224555j:plain
同じく1s。4日と同じ場所で。ただ、4日の個体に対し、この個体は頭頂部周辺にも幼羽が残ってるので別個体のはず。

他にはセンダイムシクイ、ツリスガラ程度。ササゴイらしき声は聞こえてくるんだけど、姿は見えず。昨日ほどではなかったものの、引き続き風は強かった。


そろそろコヨシキリあたりが入っても良さそうなので注意はしてるんだけど、今のところ声は確認出来ず。鳥も少なくなってきた事だし、ぼちぼちトンボを本格的に始めないといけないんだけど、GW中はひとまず鳥メインでいこうかな!?

今日の河川敷

今日(5/3)の河川敷。
めっちゃ風が強かった。

キビタキ♂。
f:id:soremoz:20180504035243j:plain
f:id:soremoz:20180504035244j:plain
f:id:soremoz:20180504035245j:plain
f:id:soremoz:20180504035246j:plain
f:id:soremoz:20180504051409j:plain
f:id:soremoz:20180504051410j:plain
f:id:soremoz:20180504051411j:plain
同じ場所に2羽居て、共に結構フレンドリーだったので、撮ってるうちにどっちがどっちかわからなくなった。雨覆や初列の辺りが褐色味を帯びて見える写真もあるけど、adでもこの程度は褐色味を帯びる様なので、全部adって事にしとくけど、写真は全部同じ個体かも…(;^ω^)
っていうか、どの個体の写真なのか、取り込んだ後でもわかる様にしなきゃな…。

ツリスガラ滞在中。
f:id:soremoz:20180504051407j:plain
f:id:soremoz:20180504051408j:plain
4羽のうちの1羽。風が強くて写真撮るの難儀した。

アオモンイトトンボ
f:id:soremoz:20180504051404j:plain
f:id:soremoz:20180504051405j:plain
青いからオスに見えるけど、メスです。所謂オス型メス。副性器の有無や腹節先端の形状見れば簡単に見分けられます。

強風もあってか、鳥方面はパッとしなかったけど、代わりにトンボで驚きの出会いが。
アオハダトンボ。
f:id:soremoz:20180504051406j:plain


大きさ、翅の形状、明るいところを好むところ、時期的なものからまずアオハダだろうとは思ったけど、にわかには信じられず、一度はハグロって事に。家に戻ってから図鑑見ると、腹端の裏面が白いのがアオハダとあったので確認したところ、やはりアオハダで間違いなかった。流下個体だろうけど、それでも大阪市内でアオハダは相当レアだと思う。未熟だからか、翅がまだそれほど金属光沢を帯びてない。継代は無理だろうけど、成熟するまで無事でいてほしいところ。

そうそう、モノサシトンボも出てました。トンボもぼちぼち出揃ってきた。


昨日のノゴマ♀は見当たらず。♂も姿、声ともに確認出来ずでした。