それは一羽のモズから始まった

アラフォーおやじの鳥とトンボのブログ。メインフィールドは淀川河川敷

青い眼のあいつ

今日でお盆休みも終わり。あっという間だった。
サザエさんシンドロームがひどい。仕事行きたくない(笑)

そんな事はさておいて、8/1(水)のエントリーです。
7月最後の週末は、28日は休日出勤で、29日は台風でフィールドに出たのは一瞬だけだったので、写真は無し。

最初に、なんで平日の水曜日に!?って思われるかもしれないので、そこから説明しておくと、8/2~3に東京で研修がありましてね。研修は朝からなので、前入りしなきゃいけないんだけど、仕事が終わってから東京に向かうとなると、時間もあまり無いし、なんかバタバタしそうでヤだなぁって事で、7/28の休出の振休を8/1に取る事にしたんですね。これなら慌てて向かわないで済むと。焦るとろくな事ないですから。
ってのは建前で、せっかく東京に行ける*1んだったらトンボ屋なら誰もが知ってるであろう!?、アレで有名な某公園に行ってみるか、ってのが本当の理由なんですけどね(;^ω^)

ってな訳で、前置きが長くなったけど、8/1の写真です。

ヤブヤンマ♂2個体。1枚目は自然光、2枚目は内蔵フラッシュを炊いて撮影。

f:id:soremoz:20180819225543j:plain
1枚目の個体の額面上部が凹んでるのがわかりますかね!?ちょっと切り出してみます。
f:id:soremoz:20180819232811j:plain
これはおそらく♀と間違われて連結された時に付いた傷でしょう。複眼って、視野は広いけど視力はそれほどでもないみたいで、先日のエントリーの異種間での連結や♂同士で連結する事があるのは、それが原因なんでしょうね。

この日のお目当て、マルタンヤンマ♂。2枚目は内蔵フラッシュ、他は自然光で撮影。

f:id:soremoz:20180819224756j:plain
f:id:soremoz:20180820004116j:plain
天候や気温等、条件も悪くなかったし、これならまず大丈夫だろうと思ってたのに、探せど探せど見つからないし、地元の方からは「台風後は♂は見られてない」なんて事も聞かされる始末。もうダメかなぁ…と半ば諦めかけてた時、現地で知り合った方から居ますよ!との一報。出来れば自力で見つけたかったけど、見つけてもらったからといって美しさが変わる訳でも無いし、勿論やらせでもない。1年振りのマル♂はめちゃくちゃ綺麗でしたね。見られて良かった。何回見ても見たくなる、ホント美しいトンボですね。比較的明るいところにぶら下がってたので、手持ちでも自然光で撮れたのも良かった。


先に書いた、アレで有名ってのはヤンマのぶら下がり、とりわけマルタンヤンマ♂のぶら下がりがよく見られる事で有名な公園って事でした。地元の方から聞いた話では、はるばる九州から来られた方も居たとか。自分も単純にマル♂を見たかったってのもあるんだけど、マル♂のぶら下がりが高頻度で見られる環境ってどういう環境なのかが気になってて、それを知りたかったのがここを訪れる一番の理由でした。環境を見た感想としては、それほど特殊な環境ではないものの、ありそうでなさそうな環境、ってのが感想かな(;^ω^)

いつもの池と比べるとヤブ蚊やメマトイも少なくて、池の周りを囲む遊歩道のそばにぶら下がってる、なもんですごく観察もしやすくて、なのに高頻度で見られて…ってそりゃみんな観に来るわなぁって思いました。虫除け無しでも全然大丈夫だったし。天国みたいな環境でしたね(笑)

こっちでのマル♂のぶら下がり探しに活かせるかわからないけど、参考にはなったな、うん。

*1:しかも会社にお金出してもらって!(笑)

7/21(土)、22(日)のトンボ

今日からお盆休み。
けど、エントリーはまだ7/21(土)、22(日)分…(;^ω^)

7/21(土)

ハラビロトンボ。
f:id:soremoz:20180812000901j:plain

暑い日だったので、産卵しては稲穂の影にぶら下がって一休みして…を何度か繰り返してた。奥に写ってるのは番の♂。♀が産卵する度に警護飛翔する健気な個体でした。ちなみに、肝心の産卵の写真はどれもこれもサッパリ…。

イトトンボ交尾態。
f:id:soremoz:20180812005127j:plain

ヤブヤンマ産卵。
f:id:soremoz:20180812000900j:plain
通る度にヤブ♀が産卵しててもいいのに…って思ってた場所から何やら翅音が聞こえてきたと思ったらヤブ♀が産卵してた。もっと寄って*1目線で撮ったりしたかったんだけど、場所が悪くて叶わなかったのが残念だったけど、今季もヤブ♀の産卵が撮れたのは良かった。

ヤブヤンマ♀休止。
f:id:soremoz:20180812004048j:plain

マルタンヤンマ♀休止。
f:id:soremoz:20180812005453j:plain
この日も♀はいっぱい居た。もちろん♂は居なかったけどね…。

種名がわからない…。スズメガの仲間!?
f:id:soremoz:20180812005907j:plain
これは別の場所で。お腹が赤いので撮ってみたけど、種名がわからん。

7/22(日)

マイコアカネ未熟♂。
f:id:soremoz:20180812013252j:plain
f:id:soremoz:20180812013251j:plain
向こう側では何度か見てるけど、こっち側で見たのは初めて。

ネアカヨシヤンマ♂2個体。

2枚目と3枚目は同じ個体。

f:id:soremoz:20180812013250j:plain

カトリヤンマ未熟♂。


ご覧の通り、この週もマル♂は見られずでした。

*1:個体にもよるけど、ヤブ♀は産卵中ならめちゃくちゃ近くまで寄れる事もある。

7/16(月)のトンボ

今日は7/16(月)の海の日の写真です。
この日もいつも通り、ヤンマのぶら下がり探しでした。

ネアカヨシヤンマ♂。
f:id:soremoz:20180726003201j:plain
今年は♂しか見てないネアカ。ってか、ここでネアカの♀って見た事あったっけな!?
いつもなら青い眼の♂を見たいんだけど、♂ばかりとなると♀も見たくなるよね(;^ω^)

ヤブヤンマ♂。
f:id:soremoz:20180726003202j:plain
ようやくヤブ♂を撮れたんだけど、欲を言えばもう少し近くで撮りたかった。ぶら下がってた場所の関係で距離をつめづらかったのよね。青い眼ももちろんなんだけど、自分は副性器部分の青がすごく綺麗だなー、格好良いなーって思ってるので、副性器の部分を写せる横から撮りたくなるんですよね(;^ω^)

この日もマル♀は撮ったんだけど、もう十分貼ってるので、今回のエントリーでは貼らずにおこう(笑)

この日は面白いのが撮れました。
ヤブヤンマ♂とマルタンヤンマ♀の異種間連結飛翔。
f:id:soremoz:20180725225912j:plain
道路脇の小池というか水溜りにちょくちょくヤブヤンマ♂が探雌に来てたので、ぶら下がってくれる事を期待してたら不意にアスファルト上から激しくやり合う翅音が。さっきのヤブ♂が♀を交尾に持ち込もうとしてるのかな!?と思ったら、暗くてはっきりしないけど片方はどうもマル♀の様な!?え!?じゃあもう1頭はまさかマル♂!?慌てて写真を撮ろうとしたものの間に合わず、強引に連れ去られていくマル♀を見届けるのみでしたが、そのまま見上げてると連結飛翔してたので撮ってみたのが上の写真*1
黄昏ヤンマの連結自体あまり目にしないのに、それが異種間連結だったりしたもんで、結構嬉しかったのでした(笑)

これは7/22(日)の写真なんだけどもう1枚。
f:id:soremoz:20180726000303j:plain
ぶら下がってるヤブ♂を見つけたのでシャッターを切ったら、偶然探雌にきた別のヤブ♂が写り込んだもの。このヤブ♂、ぶら下がってる方のヤブ♂だけでなく、近くにぶら下がってたマル♀、ネアカ♂にも立て続けにちょっかいかけてたんで、ヤブヤンマの♂ってあまり眼が良くなかったりする!?それともこの個体に限った事なのか!?はたまたヤブヤンマだけではなくヤンマの♂全般に言える事だったりする!?いやいや、雌雄関係無くヤンマ…どころかトンボ自体、実はそんなに眼が良くない!?等々、この日はそんな事をあれこれ考えながらの帰路でした。

*1:トリミングしてるけど。

7/15(日)のトンボ

遅くなったけど、先週の三連休の二日目、7/15(日)の写真。

チョウトンボを捕食するシオカラトンボ♂。
f:id:soremoz:20180723011454j:plain

マイコアカネ未熟♀。
f:id:soremoz:20180723011453j:plain


ウンモンスズメ。
f:id:soremoz:20180723011455j:plain
なかなか可愛い。

更新が追い付いてないのにフィールドに出るもんだから、記事にしてない写真がたまる一方…。

7/14(土)のトンボ

梅雨が明けた途端に猛烈な暑さ。ヤンマのぶら下がりを狙う分にはうってつけなので、自分は全然構わないんだけど、それでも暑いもんは暑い(;^ω^)
バテない様にしないといけませんね。

という訳で、先日の三連休、まずは7/14(土)の写真から。
場所はいつものヤンマの池でした。

ヤブヤンマ♀。
f:id:soremoz:20180718224502j:plain
未熟というか新鮮な綺麗な個体でした。でも、すぐに飛ばれた…。

マルタンヤンマ♀。
f:id:soremoz:20180718230738j:plain
f:id:soremoz:20180718230739j:plain
f:id:soremoz:20180718225129j:plain
生息環境がわかる様にひいて撮ってみたけど、奥行き感がイマイチ出てませんね…。

探し始めて30分も経たないうちにヤブ♀1頭にマル♀5頭と絶好のスタートダッシュをかますも、その後はマル♀のオンパレードで、マル♀だけでも20回以上見つけたと思う。同じ個体も含まれてる筈なので実際の頭数はそこまで多くないんだろうけど、それでも10頭以上は居たはず。気温が高い上に風が無かったのが良かったんだろうなぁ。

ゴイシシジミ。
f:id:soremoz:20180718231800j:plain
マル♀ばかりで食傷したので場所を変えてみるも、残念ながら期待してたヤンマは見られず。それでも今年も発生してたゴイシに遊んでもらってこの日は帰宅。ゴイシ、可愛いですよね。


年々、状況が悪くなってきてるヤンマの池。
ここ1~2年は条件が悪いとマル♀すら見られず…なんて日もあったんだけど、条件さえ揃えばまだまだやれるのがわかった。やっぱりポテンシャルの高い場所なんですね。

7/9のトンボ

ワールドカップ準決勝、フランス対ベルギー戦のキックオフを待ちながら、昨日の写真の残り物を何枚か。

ハラビロトンボ♂。
f:id:soremoz:20180711023825j:plain
まだ少し黄色味が残ってるかな!?

イトトンボ♂。
f:id:soremoz:20180711024205j:plain
稲穂の中で。クリニーング行動中と思われる。

クモに捕食されるキイトトンボ♂。
f:id:soremoz:20180711023827j:plain

シオカラトンボ♀。
f:id:soremoz:20180711023826j:plain
先日の♂型♀ではなく、こちらは普通に見掛けるムギワラトンボと呼ばれるタイプ。

ベニイトトンボ♂。
f:id:soremoz:20180711023828j:plain
イトトンボより遅れて発生し始めるので、数はまだ少ない。地元で最後に見たのは3年前だったっかな!?やはりもう発生してないんだろうなぁ。

おまけのアオサギ
f:id:soremoz:20180711023829j:plain
ヘビをくわえてるのかと思ったけど、どうやらタウナギっぽい。何度もつっついてたからか、嘴にタウナギの血がついてる。


ベルギーが2対1で勝つと予想。9番目の優勝国になってほしい。
ってか、3時開始勘弁してほしい。おかげでずっと睡眠不足なんですけど…(;´Д`)

今日のトンボ

今日はいつぞや休日出勤した分の振休。
お天気もすっかり良くなったし、時期的にももう狙うのはヤンマしかないでしょ、って事でいつもの池でした。

マルタンヤンマ♀。写真は2枚とも同じ個体で、この日はマルタン♀を2+確認。
f:id:soremoz:20180710014212j:plain
f:id:soremoz:20180710014213j:plain
光の加減だったのか、見つけた時は青く見えて、ドッキーン!ってなって、慌ててカメラ構えたんだけど、ファインダーのぞいたら…。ホント、♂見つからないな。どこに居るんだろう、去年のはなんだったのか(笑)

カトリヤンマ未熟♂。
f:id:soremoz:20180710014214j:plain
今季初。擦れてない綺麗な個体でした。低いところにぶら下がってる事の多いカトリだけど、この時は少し高いところにぶら下がってた。

先週のネアカ。
f:id:soremoz:20180710021117j:plain
2、3枚目はマクロレンズで撮ってもの。
f:id:soremoz:20180710021118j:plain
f:id:soremoz:20180710021119j:plain
3枚目の一部を切り出したもの。
f:id:soremoz:20180710021120j:plain
これも綺麗な個体でした。近付いても飛ばなかったのでマクロで撮ってると、クサカゲロウの仲間の幼虫らしきのがネアカの肢にちょっかい出すんですよ。肢を浮かせたりしてやり過ごしたんだけど、しつこさに嫌気をさしたのか飛んでっちゃいました。4枚目の左前肢が掴んでる埃みたいなのがそいつです(笑)


初訪の日から探してるナニワトンボはまだ見つけられず。
ポイント周辺の木が切られて明るくなってるのが影響してるのかもしんない。