それは一羽のモズから始まった

アラフォーおやじの鳥とトンボのブログ。メインフィールドは淀川河川敷

トケンとスナアカネ

今朝の河川敷。

今日もシマアジに期待するも見当たらず。抜けちゃったのかな!?だとすれば残念。
今朝はコガモしか居なかった…。
f:id:soremoz:20170930060545j:plain

河畔林を裏からチェック。ヒヨドリではなさそうな鳥の飛翔が目に入ったので探してみるとトケンでした。ツツドリだと思うけど、ろくな写真も撮れてないし、とりあえずトケンとしておきます。

f:id:soremoz:20170930050318j:plain
別の木に飛んでも条件は変わらず悪く…。
f:id:soremoz:20170930050319j:plain
枝の隙間を狙う様に撮らないとこうなる(;^ω^)
f:id:soremoz:20170930050320j:plain
河川敷でトケンっていつ以来だろう!?去年は見られなかったので、最低でも2年振りにはなるな。まぁ、毎年入ってるのに見つけられてないだけだろうけど。

27日の写真からヒドリガモ
f:id:soremoz:20170930052206j:plain
初認。雌雄や年齢は後で調べよう(;^ω^)

24日のスナアカネ。
撮れる時に撮っとかないと…って事で、翌日もう一度行ってきました(;^ω^)

赤い顔も特徴の一つ。
f:id:soremoz:20170930055358j:plain
f:id:soremoz:20170930055502j:plain
稲穂絡みで撮れたけど、向きがちょっとイマイチなのと、逆光だったのが残念。

翌日からしばらく左腕が痒くて痒くて。見ると蚊に刺されたのとは違う食われ痕が。地べたに這いつくばって撮った時にダニに噛まれたのかも…(;^ω^)

ニ羽に増えたシマアジ

抜けてるんじゃ…と心配したシマアジでしたが。

シマアジ
f:id:soremoz:20170927032341j:plain
中央部を切り出し。左の個体。
f:id:soremoz:20170927032342j:plain
今朝も無事居てくれました。

コガモの数が増えてたので1羽づつ見てくと…
f:id:soremoz:20170927033526j:plain
一番右の個体。この子もシマアジでしょ!?
f:id:soremoz:20170927033527j:plain
真ん中の子はおそらく昨日の個体で、右の子が新たになのか昨日も居たけど気づかなかったのか、その辺はちょっとわからないけど、とにかく今朝新たに見つかった個体。

作業車輌の音に驚いて飛ばれたけど、幸い近くにおりてくれました。
f:id:soremoz:20170927034554j:plain
胸の斑が細かいので幼鳥なのは間違いない*1と思うんだけど、雌雄がよくわからない。♀の様な気がするが…。

手前が昨日の個体、奥が今朝の個体。
f:id:soremoz:20170927041247j:plain
2羽一緒に行動してた。仲良し。

この子はコガモ
f:id:soremoz:20170927035500j:plain
雌雄や齢期は…(;´∀`)

撮った写真を確認してる間に飛ばれて行方不明に。明日も居てくれてるかなぁ。


あまり近くに来てくれない上に、ワンドの周囲の葦だったりが邪魔で写真が撮りにくいこと撮りにくいこと。だからと言って刈ったり折ったりするのは違うと思ってるし、そんな事したくもないので受け入れなきゃ仕方がないんだけど…。とにかくもう少しマシな写真を撮りたいので、近くか撮りやすいところに来てほしい。でも、今の状況じゃ難しいかなぁ。

*1:そもそも秋に見られるのはほとんどが幼鳥らしい。

君の名は(笑)

更新してなかった間も多少頻度は落ちたもののフィールドには出てたんで、ホントはそっちから貼らなきゃいけないんだけど、今日は嬉しい出会いがあったので今朝の写真から。

f:id:soremoz:20170926025335j:plain
f:id:soremoz:20170926025337j:plain
f:id:soremoz:20170926031547j:plain
右の個体。
f:id:soremoz:20170926032327j:plain
手前の個体。カルガモと並ぶと小ささが際立つなぁ。
f:id:soremoz:20170926025336j:plain
地元でコガモが見られるのは大抵鉄橋ワンド。なので入るとしたらここだろうなと思ってて、少し前からコガモが見られる様になってきてたので混じってないか注意してたんだけど、ようやく見つけたというか来てくれた。額から嘴にかけてのラインとか、嘴が長く見える感じとか、シ、シマアジでいいよね!?(;^ω^)
♂の幼鳥でいいのかな。地元でシマアジは初めてだし、今秋最初の地元初観察種なので素直に嬉しい。


明日ってか今朝も居てくれます様に。

三年振りのスナアカネ

ご無沙汰してます(;^ω^)

先日の台風の置土産かな!?、スナアカネが入ってる様なので見に行ってきました。
という訳で、スナアカネ♂。


♀。♀は今回が初見だったので嬉しかった♪

連結打水産卵。
f:id:soremoz:20170924023831j:plain
f:id:soremoz:20170924023830j:plain
スナアカネは名前にアカネとある様に赤とんぼの仲間です。本来日本にはいない*1トンボなんですが、台風等でちょくちょく飛ばされてトンボ好きを楽しませてくれます。所謂飛来種*2ってヤツですね。大抵は沿岸部の水域で見られるんですが、今回は少し海から離れた場所だったので、ちょっとびっくりでした。
♂3+*3、♀2*4を確認。海から結構離れた場所にもかかわらず複数個体入ってたって事は、色んな場所に入ってる可能性がありますね。3年前にしても今日の場所にしてもだけど、普段はシオカラしか居ない様な水辺や人工的な池とかにも入るので、しょうもない(笑)ところでも探す価値有りです。地元でも探さなきゃな(;^ω^)
いっぱい写真撮ったんだけど、納得いく写真はほとんど無かった…(;´∀`)
マクロレンズでの撮影はやっぱり難しい…。

更新が滞ってた事について

かれこれ一ヶ月ぶりくらいの更新でしょうか。こんな拙いブログにもかかわらず、更新がとまってた間も一日100PV程度のアクセスがあって有り難い限りでした。
理由はある様なない様な。仕事が忙しかったってのはちょっとあるかな。ともあれ、病気とかではないのでご心配なく。って、誰も心配してないと思うけど(笑)
今回を機に更新頻度を上げていければと思ってますが、どうなる事やら…(;^ω^)


スナアカネ以外ではセイタカシギも見られて、楽しい一日となりました。ありがとうございました。
セイタカシギの写真はまた後日にでも。

*1:南の方では発生した事もあるみたいですが、定着はしてない様。

*2:日本海側等では毎年の様に入るところがある様です。

*3:多分4頭は居たと思う。

*4:1頭は連結中にギンヤンマに持ってかれました…(;´Д`)

河川敷でのんびりと

撮りたいトンボがいない訳ではないんだけど、外すかもしれないので河川敷でのんびりと。

ワンドのヒシの葉の上のムスジイトトンボ♂。3枚目以外はクロップモード。


開放絞り

f:id:soremoz:20170827222605j:plain
上の写真を等倍切り出し。何度も書いてるけど、この青い複眼が好きなんだよなぁ。綺麗。
f:id:soremoz:20170827220300j:plain
今日は岸近くのヒシの葉の上で静止してたので、少しでも大きく写そうと寝そべりながらライブビューでの撮影。60mmマクロでもぼちぼちの大きさで撮れた。ヒシの葉の上では高速で飛び回るのに、岸の草にきた時はふわふわ飛ぶのが面白い。

ウチワヤンマ♀産卵。


ウチワヤンマはネバネバした糸状の物質に卵をくっつけて産卵するので、うまくいけばその糸が写ってるんだけど、今回は残念ながら写ってなかった(´・ω・`)
♀が産卵を始めてしばらくの間は♂が警護飛翔してた。そっちも撮れば良かったな(;^ω^)

湿気もなくカラッとした暑さだったけど、それでも暑いもんは暑い(;^ω^)
2時間程で早々撤収…。


鳥さんの方はろくに探しもせず。
河川敷にもコルリ入ってるだろうし、出来ればアレなのは撮りたくないので、河川敷で見つけたいんだけど、夏草や葉っぱが繁りまくってて探せないのよね…。
ま、所詮言い訳なんだけど(汗)

トンボやら鳥やら

このところのトンボやら鳥やらをまとめて。

8/20(日)

カトリヤンマ成熟♂。
f:id:soremoz:20170823235841j:plain
8月後半ともなるとさすがに成熟した個体が多かった。ようやくマクロレンズで撮れる距離まで近付けたのに、写りはご覧の通り…。更に季節が進むと明るい場所でホバったりする様なので、その頃にまた狙ってみようかな。

オオアオイトトンボ♀。
f:id:soremoz:20170823234149j:plain
頭部を等倍切り出し。
f:id:soremoz:20170823234150j:plain
食べられてるのはコバエの仲間、所謂メマトイ。自分にたかってたのを捕食した(;^ω^)
それにしても、なんでメマトイは顔、とりわけ目の周りを飛ぶんだろう!?と思ってググってみたら、以下の記事が見つかりました。

体長2~4mm程度の極小のハエで、名のごとく人の目の周りに纏わり付くように飛来し、時には目の中に入ってしまう厄介な虫。メマトイは人の目に涙をなめにやってきます。ですから顔の周りにたかるのです。メマトイが涙をなめるのはタンパク質を得るためなどと考えられていますが、くわしくはわかってないようです。

目にまとわり付くあの虫は? - 好日山荘 ガイドコラム

なるほど、涙をなめようとしてるのね。道理で顔の周りを飛び回る訳だ(;^ω^)

8/21(月)

ウチワヤンマ♀。
f:id:soremoz:20170824003511j:plain
老熟個体。ぶっとい1~2節がちょっと苦手…。

8/22(火)

タイワンウチワヤンマ♂。
f:id:soremoz:20170824003512j:plain
アシナガバチ!?らしきハチを捕食してた。硬い頭もバリバリいってたので、顎の力は相当強いんだろうな。

ホシハジロ♂エクリプス。
f:id:soremoz:20170824005347j:plain
f:id:soremoz:20170824005348j:plain
高校裏の本流で。先々週くらいにワンドで見た子と同じ個体かな。渡ってくるにはまだちょっと早いだろうから、やっぱり越夏個体かなぁ。ケガしてる風には見えなかったけど。

ギンヤンマ交尾態。
f:id:soremoz:20170824012932j:plain
f:id:soremoz:20170824012933j:plain
♂が♀を捕まえて交尾態に持ち込んだと思ったら近くにとまってくれた。ラッキーだったけど、この日はマクロレンズを持ってきてなかったのはアンラッキーだった(;^ω^)

8/23(水)

モズ。
f:id:soremoz:20170824014129j:plain
成鳥かと思ってたけど、若い♂かな!?また改めてよくチェックしてみよう。にしても、暑い河川敷で夏を越すなんて頑張るなぁ。


という訳で、4日分をまとめてお届けしました。
長かったお盆休みも先週で終わって、今週から仕事。頑張るかー(;^ω^)
今日はコルリの藪をのぞいてみたけど、夏草が繁りまくってて、藪の中の様子は全くわからずじまい。コルリ探すなら、他に入りそうな場所探さないとダメだな。

河川敷のトンボ

ずっとフィールドには出てんですが、これといって目新しいのが無いもんで…(;^ω^)
今日はお盆休み初!?の河川敷だったので、そこから何枚か。

モノサシトンボ♂。
f:id:soremoz:20170819005243j:plain
f:id:soremoz:20170819005242j:plain
モノサシトンボではよくある正面から撮ったの。上は開放絞りで下はf8まで絞ったもの。
ごちゃごちゃした背景をごまかせる分、開放で撮った方がいい感じ。

葉っぱに白黒の何かがいる!?と思ったら、ハエトリグモの仲間の様。
f:id:soremoz:20170819005827j:plain
ヤハズハエトリの♂でいいのかな!?もっと寄って撮ろうと思ったら、勢いよく飛び跳ねてどこに行ったかわからなくなった。残念。

未熟なコフキトンボが。
f:id:soremoz:20170819011911j:plain
等倍切り出し。つぶつぶ。
f:id:soremoz:20170819011912j:plain
複眼の色合いといい翅のキラキラ感といい、未熟というかテネラルな個体に思えるんだけど、図鑑には日数は要さないものの、粉をふくまでには多少かかるみたいに書かれてるので、となるとテネラルではないって事になる。コフキの羽化を観察出来れば、その辺も自分で確認出来るので来年は狙ってみようかな。幸い、地元にはいっぱい居る事だし。

シオカラトンボ交尾態。
f:id:soremoz:20170819035800j:plain
超普通種のシオカラトンボも、交尾態なら撮っておこうかなと(;^ω^)
ちなみにシオカラトンボの♀にも少数ながら♂と同じ色した所謂♂型♀が居るので、♂同士で交尾してる様に見えたら、それは♂型♀かもしれません。でも、♂同士で連結してる事もあるしなぁ。なんだかややこしいのぅ…(;^ω^)

セスジイトトンボ♂。

等倍切り出し。
f:id:soremoz:20170819030311j:plain
お天気が良いのでf11まで絞り込んで撮ってみた。腹節までピントがきてる。

ムスジイトトンボ交尾態。
f:id:soremoz:20170819024608j:plain
近くにきてくれなかったので、この写真は150-600で撮ったものをトリミング。
で、少しでも近くで撮ろうとワンドの縁ギリギリまで寄ったら、縁のところが石の斜面*1になってるせいで滑り台みたく滑ってワンドに腰近くまではまっちゃいましてね…(;´Д`)
ここまでうまい具合にはまるか!?ってくらいはまって自分でもびっくり。カメラは無事だったので良かったけど。ムスジを近くで撮るなら胴長着なきゃダメか。

他にはオオヤマトンボ、ギンヤンマ、アオモンイトトンボ、コシアキトンボ、タイワンウチワヤンマ、チョウトンボ等々。


河川敷なので普通種しか見られなかったけど、それなりに楽しめた。

*1:シオカラトンボの交尾態の写真の石の部分がそれ。