それは一羽のモズから始まった

アラフォーおやじの鳥とトンボのブログ。メインフィールドは淀川河川敷

足下には土筆

今朝の鳥見も河川敷、飽きもせずにツリスガラポイントへまっしぐらです(;^ω^)

ポイントに到着するとしばらくは静かだったものの、そのうち声が聞こえてきました。
しかし、聞こえてくる声の方向は遠くの葦藪の方。双眼鏡で声の方を探すと、居るには居たものの、さすがに撮影出来そうもない状況。近くまで来るのを待ちましたが、来てくれそうもないので、少しウロウロする事に。

すると、そんな自分に気を遣ってくれたのか、赤いベニマシコがひょっこり姿を見せてくれました。
このところ、思った様に撮らせてもらえてなかったですが、今朝のベニマシコはなかなかの愛想良しでした♪( ^ω^)
ベニマシコ♂。
f:id:soremoz2nd:20130319064915j:plain
f:id:soremoz2nd:20130319064917j:plain
f:id:soremoz2nd:20130319064943j:plain
河川敷の春と紅猿子
この子よりも更に赤い子がいて、願わくばその子を撮りたかったところですが、贅沢言っちゃあいけませんね。

もう一度ツリスガラの様子を見にいくと、遠いとはいえ、少し抜けたとこに出てきてたのでパチリ。
ツリスガラ♂。
f:id:soremoz:20130319223115j:plain
今日も撮れたのは♂。♀がいない訳じゃないんだけど、なぜか撮ってるのは♂ばかり。不思議。トリミングしてます。

上の写真を撮った後、近くまで来てくれたんですが、思いの外近くにいた1羽に気付かず、不用意に近づいたせいでまずその1羽が飛んで、それにつられて他の子たちも一斉に飛ばせてしまいました…(;´∀`)
群れる鳥さんの場合、1羽が飛ぶとそれにつられて一斉に飛ぶので、ホント、気をつけないといけませんね。


ツリスガラに飛ばれたし、仕事に行くかなと地面を見ると、土筆が顔をのぞかせてました。
f:id:soremoz:20130319213153j:plain

子供の頃に住んでた家のそばに川が流れてたんですが、春になると土手一面をつくしが覆い、なぜかそれが嬉しくて、食べもしないのにつくしを採っては持って帰ってました。
母親に、食べないから採ってこなくていいって言われてたんですが、それでも採っては持って帰ってました。
つくしを採る事自体が楽しかったんですよね。おかげで今もつくしを見ると、採りたくなっちゃいます。
他にはわらびとかも採ってましたね。ホント、楽しかった。
また、つくしやわらびを採りにいきたいです。