それは一羽のモズから始まった

アラフォーおやじの鳥とトンボのブログ。メインフィールドは淀川河川敷

二年連続

今朝も河川敷です。

もっと曇ってるかと思ってましたが、案外良いお天気で、これならホオアカも…と期待しましたが、ワンドの土手から鉄橋ワンド、水路のプチ河畔林といつものコースを回っても何も出会いは無く、あっという間に高校裏の葦原に到着。
何も撮ってないので、これじゃブログが更新出来ない…と仕方なく目の前にいたヒドリガモを撮ってみたり(;^ω^)
f:id:soremoz3rd:20141023072211j:plain
f:id:soremoz3rd:20141023072202j:plain
両方とも♂でしょうか。2枚目の子は額が気持ち白くなってる程度なので、若いオス!?それともエクリプスだったり!?

この前聞いたよくわからない声をまた聞けないかと、水路の葦原を見てると、少し離れた場所からゲッゲって感じの、カモみたいな声が聞こえてきました。
水路の向こうの入江にいるカモが鳴いてるのかな!?と思いながら声の方を見てみると、オオヨシキリみたいなのが動いてます。が、一見してオオヨシキリではないとわかりました。オレンジ色が見えたからです。
ノゴマでした♪やっぱり、居たんですね~( ^ω^)
f:id:soremoz:20141024003145j:plain
f:id:soremoz3rd:20141023072553j:plain
とりあえずノートリでお届け。
1枚目をトリミング。
f:id:soremoz3rd:20141024004903j:plain
昨秋に続いて二年連続地元での出会い。喉のオレンジが鮮やかですね~( ^ω^)
ノゴマは関西では渡りの途中に見られるだけなので、お城などの都市公園で見る鳥みたいなイメージが強いですが、むしろ草原性の鳥だと思うので、河川敷にもそれなりには入ってると思われます。ただ、見つけようとして見つけられる様な鳥ではないので、出会いは運頼みなのが辛いところです。

で、この前の声の主はやはりこの子だったんですかねぇ。でも、今回聞いた声はこの前の声とも違ったし。一つの鳥でも色んな声のバリエーションがあるので、とても憶えられそうにありません…(;^ω^)

距離は10mちょっとあったでしょうか。時間も10秒もなかったと思うので、何とか見られる写真が撮れて良かったです(;^ω^)


ノゴマ以外の鳥はほとんど見られませんでしたが、今日はノゴマだけで充分でした。
明日もまた出てきてくれると嬉しいんだけど、そんな訳にはいかないんでしょうね(;^ω^)
今年はもう見られないかなと思ってただけに、地元で見る事が出来て嬉しかったです( ^ω^)

この勢いで明日はホオアカだ!?(;^ω^)