読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

それは一羽のモズから始まった

アラフォーおやじの鳥とトンボのブログ。メインフィールドは淀川河川敷

柳の木に集まる鳥たち

今朝も河川敷でした。
いつものコースをクルッと周ってみるも、これといった鳥さんはいません。

プチ河畔林の柳の木から、ムクドリの賑やかな声が聞こえてくるので、そこで観察する事に。
幼いシジュウカラの声が聞こえてきたのでパチリ。
f:id:soremoz5th:20150603020801j:plain
新芽をついばんで、既に一人で餌を採ってる様でした。
超短い枝を止まり木に(;^ω^)
f:id:soremoz5th:20150603020802j:plain
木に垂直にとまる感じとか、いっぱしのシジュウカラって感じです(;^ω^)
f:id:soremoz5th:20150603020803j:plain

ムクドリ幼鳥も。
f:id:soremoz5th:20150603021538j:plain
一斉に巣立ったのか幼鳥がいっぱいいて、ムクドリの声が一番賑やかでした。その割には写真はこれしか撮らなかったんですけどね(;^ω^)

スズメの幼鳥もいます。
f:id:soremoz5th:20150603022145j:plain
水路脇のアスファルトには親子が。
f:id:soremoz5th:20150603022146j:plain
子スズメの真っ直ぐな目が可愛いです(*´ω`*)

この河畔林には他にも木があるんですが、なぜか柳の木にばかり鳥さんが集まってました。虫や新芽など餌を採るのに都合が良かったり等、鳥さんが集まるのには何か訳があるんでしょうね。


おまけ。
土曜日の写真からアジアイトトンボ
♂。
f:id:soremoz5th:20150603031332j:plain
♀。
f:id:soremoz5th:20150603031333j:plain
眼後門、腹部第1節の背面黒条が端まで達してる事からアジアイトトンボの♀と判断。
♂も♀も翅が少し折れてますね。まぁ、これくらいなら飛翔には問題ないんでしょうけど。
♂は肉眼では厳しい時もあるけど、よく似るアオモンイトトンボと見分けられる様になったんだけど、♀が難しい。下の写真も撮ってる時は何かわからずに撮ってたし(;^ω^)
まぁ、わからずに撮っとけば、後から調べる楽しみがあるんだけどね。でもやっぱり、何のトンボかわかって撮れる様になりたいなぁ。